VOAT直伝!
音痴克服方法

音痴克服方法

音痴を辞書で引くと

1.生理的欠陥によって正しい音の認識と発声のできないこと。
2.音程や調子が外れて歌を正確に歌えないこと。
3.あることに関して感覚が鈍いこと。また、その人。「方向ー」


と書いてあります。まずどういう状態が音痴であるのか、それに対してどう矯正していくのかを説明していきたいと思います。


音楽的な経験値が普通より劣っているために正確に音やリズムを意識できない
これがほとんど「音の取れない」「音痴では?」の原因です。まず音楽的な環境面からみていきましょう。今この文章を読んでいるあなたのご両親が聞いていたであろう音楽を想像してみてください。
そしてあなたが物心ついた時にふれた音楽、夢中になった音楽を思い出してください。多分子供にとって初めて聞く音楽は、その両親が聞いていたものに影響を受けていると思われます。
その両親の音楽的スキルが子供にほぼ確実に受け継がれるわけではありませんが、初めて聞く声や歌も両親のものであるのはまちがいありません。
あなたが10代であれば親は30〜40代、20代であれば40〜50代、30代であれば50〜60代、40代であれば60〜70代という風に親の年代分布ができます。
ポップスの意味をあらわすのに、『その時代の「ティーンエイジャー」にもっとも指示されている音楽のこと』というように10代中、後半から音楽を世の中の音楽を意識していくものと考えるならば、

60〜70代:1950年代校半、ロックンロール、エルビスプレスリーとの出会い 日本ではウエスタンカーニバルの時代:平尾 昌晃、ミッキー・カーティス
50〜60代:1960年代、今の全ての音楽の切り口を作ったザ・ビートルズとの出会い 日本ではグループサウンズ時代:ザ・タイガース、ザ・テンプターズなど
40〜50代:1970年代、カーペンターズの活躍、ポップスの多様化時代との出会い 日本ではスター誕生ブーム:山口百恵、中森明菜など、そしてニューミュージックの誕生
※1971年「カラオケ」誕生
30〜40代:1980年代、マイケル・ジャクソンなどMTVの申し子達との出会い 日本ではニューミュージックの台頭、山下達郎などがヒットを飛ばす。

というように1960年代以前、音楽が「特別な人がやるもの、できないもの」というような時代ではなくあなたの両親の時代でさえ、歌が「生活の一部」になってきた時代です。
(まあ私は50代ですが、たしかに「ピアノなどは女がするものだ」とかは充分あった年代ですが、これは戦前の男尊女卑からくるアナクロニズムですよね。)

ですから、音楽に興味がありさえすれば充分「歌える」スキルが簡単に身に付く世代にいたと私は考えています。


では自分は音痴だと思う皆さん次にいくつかの項目を挙げますので思い当たる項目にチェックをいれてください。

□小、中学生時代に音楽の授業が嫌いだった
□人前で歌うのがとにかく苦手だ
□ピアノやギターなんて絶対に無理だと思っていた
□全く音楽に興味がなかった
□目立つ事はほとんどしたことがない


3つ以上にチェックがある人は「音楽的経験値が足りないための音痴」の疑いがあるかもしれません。
基本的には先天的な音痴はいないのではないかと考えています。

初心者も安心!
一般コース

完全個人レッスンで
初心者も安心!

本格的に始めたい
プロコース

デビュー実績も多数!

COLUMN

SCHOOL

VOAT OTHER SCHOOL

VOATキッズ

VOATキッズ

音楽や歌で心豊かな子供に育てたい。将来デビューさせたい!というお子様まで楽しくボイストレーニング(ボイトレ)をしていきます。

VOAT専門課程

VOAT専門課程

ボーカル、シンガーソングライター科一人ひとりに合わせた育成メニューで業界からも定評のあるボイストレーニング(ボイトレ)でプロのレベルに養成。

VOATミュージックスクール

VOATミュージックスクール

女性や初心者に親切でわかりやすレッスンが特色。楽しく上達できるミュージックスクール。

VOAT話し方教室

VOAT話し方教室

ビジネス会話から日常会話まであなたの声と話し方をボイストレーニング(ボイトレ)でメイクアップ!短期間でも自信がつきます。

VOATボイトレ教室

VOATボイトレ教室

歌の基礎から学びたい、カラオケがうまくなりたい、など趣味で習いたい方も安心して通えます。

RECOMMEND
SCHOOL